千葉県南房総館山市にある曹洞宗のお寺です。水子供養・永代供養・ご祈祷などのお申し込みは当山まで。坐禅体験もあり。

曹洞宗 正木山西光寺

曹洞宗 正木山西光寺

  • ホーム
  • 西光寺のご紹介
  • 永代供養
  • 水子供養
  • ご祈祷
  • お問合わせ
水子供養のご案内

水子供養のご案内

水子供養のご案内

はじめに

当山では、もとより正しい仏教の布教につとめておるところでありますが、その一つに水子供養に対する正しい認識の必要性があります。
それは、水子といいますと何か少し退いたマイナスイメージの印象を持つ人が多いからです。

何か後ろめたい気持ちや疎ましい感情があったとしたら、それは間違いなく誤解によるものです。
「水子くらい」だとか「水子など」とかの認識は明らかに間違っています。
その誤った認識が正されない限り水子の精霊も親の心も救われません。
水子もご先祖も全く同じ仏さまです。
同じ仏さまですから差別や偏見があってはならないのです。
仏の世界こそ絶対平等の絶対円満な世界なのですから。

しっかりした認識がないと"妄言"や"迷信"に惑わされたりします。
良からぬ輩に心の隙を突かれるからです。
しっかりした認識はしっかりした供養によってもたらされるのです。
"しっかりした供養"とは供養する者と供養される者との和合です。
それは自己と他己の仏性の和合であり、双方が同時に涅槃に入ることです。
しっかりした供養は涅槃の現成によってのみ円成するのです。

ご先祖さまの仏性も水子の仏性もまったく同じ仏性です。
同じ仏さまですから同じ想いで供養があってしかるべきです。
水子供養とは決して親自身の浄めのためでも、水子との縁切りのためでもありません。
当然"葬り去る"ものでもありません。
水子は決して不浄のものではないという、まずその認識が極めて重要です。

水子は出生できる縁が薄かっただけであって親子の縁が無かった訳ではないのです。
親子の縁は永遠の過去に始まって永遠の未来に向かって続いているものです。
ですから水子の縁はご先祖さまと同様切っても切れるものではありません。
冥福を祈るとは、改めて親子の契りを確認し合うことです。
そのこと無くして親の安心も水子の成仏もありません。
お互いが永遠に護り合える祈りこそ"しっかりした供養"なのです。
その意味でも供養とは正に新たな出発なのです。

もし今あなたが供養について迷われているとしたら、それは水子の精霊とあなたの心が「和合」を求め合っている証拠です。
どうぞしっかりした供養で水子もあなたも共にしかりした安心を得てください。
水子の精霊が安心したかどうかは必ず親の心となって表れます。
きっと当山の確かな供養で確かな安心を得ることができるでしょう。
直接お詣り頂いても結構です。まずはメールなりお電話にてお問い合わせください。

遥拝供養

遙拝供養とは事情により直接お寺にお詣りできない方のための供養形式です。
お施主様にはご自宅にて念珠合掌していただき、同日同時刻に当山住職が本堂にて行う法要に遠隔地より参加して頂きます。
ご希望により、お電話を通して法要に参加することもできます。

仏界は空間を超越した世界です。
「仏身は法界に充満していて普く一切群生の前に現成している」と捉えますから物理的距離はまったく問題はありません。
当山のこの「遙拝供養」を是非お勧め致します。

遙拝供養のお申込みについて

法要の日時はお施主様のご都合に合わせます。下記のお申込みフォームにてメールください。

御回向札について

ご希望により法要終了後即日送付致します。
お札は、お気持ちの整理がつきましたら、賽の河原に届ける意味合いから清き流れ(清い小川とか川)に流してください。
(お札の紙は特殊な材質で出来ており水に浸すと即時に溶けてしまいますのでプライバシーの心配はまったくありません。)

お布施

1万円からとなります。法要後ご志納ください。

お振込み先

下記銀行口座または郵便振込み口座をご利用下さい。
京葉銀行館山支店
普通口座
口座番号:5 6 7 1 2 4 1
名義:宗教法人曹洞宗西光寺
郵便振替口座口座番号:00180-8-668528
名義:西光寺

水子供養お申込みフォーム

 (ふりがな)
(半角英数字でご記入下さい)
(市区町村名、番地、建物名、部屋番号)
(半角英数字でご記入下さい 例: 03-1234-5678)
(半角英数字でご記入下さい)
(確認のため再度ご記入下さい)
不要
電話 メール ファックス 封書 (確実にご連絡可能な方法をお選び下さい)
希望する 希望しない
不要
 確認画面を表示せずに送信
 送信メールの控えを送る
   
Copyright © 2005-2016 曹洞宗 正木山西光寺. All Rights Reserved